1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. MIGACT、障がいのある小中高生にIT・プログラミング教育を提供

2019年7月1日

MIGACT、障がいのある小中高生にIT・プログラミング教育を提供

MIGACT(ミガクト)は、くじらグループが7月開設する放課後等デイサービス「めだかミニスクール」において、障がいのある小学1年生~高校3年生を対象にしたIT・プログラミングプログラムを8月から実施する。

0701-mgプログラムでは、パソコン・タブレットの基本操作、ビジュアルプログラミング言語Scratchを使ったゲームやアニメーションの制作を基本に、その後は各自の個性に合わせて、ロボット制御、文書、デザイン、Web、造形物の制作などに取り組んでいく。

子どもたち自身が企画、制作、他者へ伝える機会を経て、創造的に考えて自分なりの発想を生み出す力、試行錯誤しながらカタチにする力を身につけることを目指す。また、精神的・経済的な自立が図られるようにさまざまな技術を提供し、就労やコミュニケーションにつながる支援を行う。

関連URL

プログラムの詳細

くじらグループ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス