1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. MIGACT、障がいのある小中高生にIT・プログラミング教育を提供

2019年7月1日

MIGACT、障がいのある小中高生にIT・プログラミング教育を提供

MIGACT(ミガクト)は、くじらグループが7月開設する放課後等デイサービス「めだかミニスクール」において、障がいのある小学1年生~高校3年生を対象にしたIT・プログラミングプログラムを8月から実施する。

0701-mgプログラムでは、パソコン・タブレットの基本操作、ビジュアルプログラミング言語Scratchを使ったゲームやアニメーションの制作を基本に、その後は各自の個性に合わせて、ロボット制御、文書、デザイン、Web、造形物の制作などに取り組んでいく。

子どもたち自身が企画、制作、他者へ伝える機会を経て、創造的に考えて自分なりの発想を生み出す力、試行錯誤しながらカタチにする力を身につけることを目指す。また、精神的・経済的な自立が図られるようにさまざまな技術を提供し、就労やコミュニケーションにつながる支援を行う。

関連URL

プログラムの詳細

くじらグループ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス