1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

2019年11月12日

AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam MyReader(オーカム マイリーダー)」が豊島区の図書館で試験導入されたことを明らかにした。

オーカム マイリーダーは、視力低下に悩む人やシニアが新聞、図書、テキストメッセージ、メールなどさまざまなテキストを読み取ることを可能にする、AI技術を活用した視覚支援デバイス。親指ほどの大きさで重さわずか22.5gのデバイスは、マグネットを使用した付属のマウントを使用することで、あらゆるメガネに簡単に装着できる。

読みたい文章を指で差すだけで、デバイス搭載のカメラが文字をキャプチャーして読み上げてくれる。また、自動読み上げ機能を使用すれば、読みたいテキストを目の前で数秒間固定することで、自動でカメラが撮影して文章を読み上げる。また、使用に際してインターネットへの接続が一切必要ないため、地下鉄から飛行機の中まで場所を選ばずに使うことができる。

今回、豊島区立中央図書館ひかり文庫(点字図書館)では、視覚障がい者の読書環境整備への取り組みの一環として、同製品を試験導入した。これにより、紙、デジタルを問わず、図書館所蔵の書籍、雑誌、新聞などを、朗読ボランティアなどの助けを借りることなく、利用者本人が読むことができるようになる。

点字図書や音訳(朗読)図書の新たな製作に比べてはるかに少ない時間と投資で読書環境整備ができるほか、点字の知識が必要なく広い人に利用可能なため、ロービジョンの人への支援施策の1つとしても、全国の図書館での導入が期待されるという。

関連URL

「OrCam MyReader(オーカム マイリーダー)」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス