1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニー、誰でもaiboにプログラミング「Shibuya Town with aibo」開催

2019年11月12日

ソニー、誰でもaiboにプログラミング「Shibuya Town with aibo」開催

ソニーは11日から、渋谷モディ1階のソニースクエア渋谷プロジェクトで、新プログラム「Shibuya Town with aibo ~自由にプログラミング編~」を開始した。

今回の企画は、自律型エンタテインメントロボット「aibo」と触れ合い、さらにaiboと協力することでパートナーとしてともに成長していく過程を体験できるコンテンツ「Shibuya Town with aibo」の第2弾となる。

同社はaiboの多様な利用シーンの実現に向け、企業や団体、教育機関、個人を含むさまざまな商品・サービスとの連携を推進すべく、aiboのソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムを開始した。aiboの開発環境をユーザーに提供することで、誰でも簡単にaiboのオリジナルの動きをプログラミングできるようになる。初心者向けツールの「aiboビジュアルプログラミング」はドラッグ&ドロップが中心の簡単な操作で、初めてでも使いやすいインターフェースにより子どもから大人まで取り組みやすい内容となっている。

ソニースクエア渋谷プロジェクトでは、イラストで描かれた渋谷の街の模型の中で、「aiboビジュアルプログラミング」を使っていち早くaiboのオリジナルの動きが体験できる。aiboがモデル風のウォーキングをしたりストリートパフォーマンス風の動きをしたり、自由に動かすことができる。

また、ジャンルの異なる3人のクリエイターと共創し、それぞれオリジナルのaiboのふるまいを制作した。ロックバンドOKAMOTO’Sのドラマーであるオカモトレイジさん、ファッションモデルの小谷実由さん、マルチクリエイターのパントビスコさんの、オリジナルのaiboのふるまいを見ることができる。

さらに期間中、学生や若手クリエイターを対象にaiboとアートを掛け合わせたワークショップを開催する。aiboの動きをプログラミングして新しいアートの表現に挑戦し、12月19日にコンペティションで作品を発表する。

関連URL

ソニースクエア渋谷プロジェクト

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス