1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 暗算学習法「そろタッチ」、生徒が解いた問題総数が1億問を突破

2019年11月12日

暗算学習法「そろタッチ」、生徒が解いた問題総数が1億問を突破

Digikaは11日、同社の暗算学習法「そろタッチ」を使って生徒が解いた問題総数が、リリース日の2016年10月末~今年10月末までに1億問を突破した、と発表した。

「そろタッチ」の問題の解析を通じたカリキュラム、UIの改善で、145日でそろばん式暗算上級の計算能力を身に付けた生徒も登場したという。

「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法。5~8歳の子どもが毎日「そろタッチ」を進めると、2年間で一生の財産となるそろばん式暗算上級レベルが身に付く。

四則計算を「見て解く・聞いて解く」とバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろん、日常生活にも役立つ実用的な暗算力がマスターできる。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は、2017年日本e-Learning大賞の「最優秀賞」、2018年キッズデザイン賞受賞、2019年には日本企業初の「SXSW EDU Launch Competition」のファイナリストに選出された。

「そろタッチ」の学び方は、ネット生(月額3600円:税別)と教室生(月額1万円、教室により異なる)の2通りがある。

ネット生は初回登録月は無料で好きな時間に好きなだけ「そろタッチ」を学習できる。教室生は、「そろタッチ教室システム」を活用し授業を週1回受ける。

2018年には、直営校の退会者の62%以上がそろばん式暗算上級レベルに到達。また、人が集う教室効果で暗算力(認知能力)と同時に、コミュニケーション能力や自制心など非認知能力の向上も認められているという。

関連URL

そろタッチ

「そろタッチ」生徒保護者の声

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス