1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 暗算アプリ「そろタッチ」、経産省「未来の教室」海外展開支援等事業に採択

2020年7月31日

暗算アプリ「そろタッチ」、経産省「未来の教室」海外展開支援等事業に採択

Digikaは30日、同社の暗算学習アプリ「そろタッチ」の海外展開事業「そろタッチ マレーシア・インドネシア語版効果検証プロジェクト」が、経済産業省の「未来の教室」海外展開支援等事業の実証事業に採択された、と発表した。

同アプリは今年7月現在、学習者数約4000人、世界6カ国100教室を超える学習機関が導入。日本国外ではアメリカ、中国、香港、マレーシア、ベトナム、ウズベキスタンで展開。既に英語、ベトナム語、ウズベキスタン語でのリリースをしている。

今回、現地パートナーと共にマレーシアで、英語バージョンで高い学習効果が見える「そろタッチ教室システム」を、マレーシア語、インドネシア語のプロダクトローカライゼーション開発を実施。

これらの言語を第1言語とする子どもたちの、5~8歳での世界最速レベルの計算力の習得結果検証を行い、幼少期の数字への自信などを支援するプロダクト開発で教育格差を埋めていく方針。

「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法。5~8歳の子どもが毎日「そろタッチ」を進めると、2年間でそろばん式暗算上級レベルが身に付くという。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は、2017年日本e-Learning大賞「最優秀賞」、2018年キッズデザイン賞受賞、2019年には日本企業初のSXSW EDU Launch Competitionのファイナリストに選出された。

関連URL

「そろタッチ」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス