1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Surala Ninja!」、経産省・JETROの「未来の教室」海外展開支援等事業に採択

2020年7月31日

「Surala Ninja!」、経産省・JETROの「未来の教室」海外展開支援等事業に採択

すららネットは30日、同社の海外小学生向け算数e-ラーニング「Surala Ninja!」の海外展開事業が、経済産業省の「未来の教室」海外展開支援等事業の実証事業に採択されたと発表した。

すららの授業内活用

「Surala Ninja!」は、対話式ICT教材「すらら」の海外版として、小学生向けに開発された、アニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べるeラーニングシステム。

現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドやフィリピンで活用されている英語版がある。

経産省が2018年度から開始した「未来の教室」事業は、本年度から、同省から委託を受けた日本貿易振興機構(JETRO)が運営する「未来の教室」海外展開支援等事業がスタート。

同社は、採択を受け、「数学の学力達成度強化ための小学校教育のICT化促進およびオンライン授業開発実証事業」のプロジェクトを、インドネシアとフィリピンで開始する。

同プロジェクトでは、現地の「パイトロット校」で、eラーニングの授業内活用を実現し、有事の対応を含めた普及を目指すとともに、「Surala Ninja!」と集合型のオンライン・リアルタイム授業を組み合わせたハイブリッドな教育サービスを開発。

「ウィズ・コロナ」の新形態のデジタルラーニングによる自宅学習を促進する教育サービスを展開していく。

また、フィリピンでは、教育省が管轄する中途退学者の支援機関「ALS」(Alternative Learning System・代替教育制度)に「Surala Ninja!」を提供し、学習支援活動の一部をデジタル化して、教師不足と教務の質の課題を解消する活動も並行して実施する。

関連URL

JETRO「未来の教室」海外展開支援等事業

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス