1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 算数e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」英語版、スリランカの学校が導入

2019年6月12日

算数e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」英語版、スリランカの学校が導入

すららネットは11日、同社の海外小学生向け算数e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」の英語版が、スリランカの最大都市コロンボにある有名インターナショナルスクール・グループ「Horizon College International」に導入されることになったと発表した。

0612-srl「Surala Ninja!」は、「すらら」の海外版として小学生向けに開発された、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べるe-ラーニングシステム。

現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドで活用されている英語版がある。

Horizon College Internationalは、大学までの一貫教育を行う知名度の高いインターナショナルスクール・グループで、教育環境の質の高さではスリランカのトップレベルの評価を誇る学校。「Surala Class」の対象となる小学生は1300人以上いる。

6月11日からNugegoda校(ヌゲゴダ校)の幼稚園年長~小学6年生の生徒が放課後活動として「Surala Class」の受講を開始。7月からは、本校であるMalabe校でも順次授業をスタートさせる。

同校は、イギリスやドイツといったヨーロッパの学校との交流が深い一方で、「日本との交流や日本語教育に力を入れていきたい」としており、日本のIT教育や日本式マナーが学べる「Surala Class」に期待を寄せているという。

スリランカでは、JICAプロジェクトとして2014年から現地のマイクロファイナンスの組織「女性銀行」と連携し、教育訓練を受けたBOP層の女性が小学生にシンハラ語で算数を教える算数塾の「Surala Juku」をスタート。

その後、2017年から学習塾の形態だけでなく、私立学校やインターナショナルスクールでも導入されるなど学校分野での活用が広がっており、今回、Horizon College Internationalでも英語版の活用をスタートさせることになった。

関連URL

すららネット

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス