1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット 、算数eラーニング「Surala Ninja!」が「EDU-Portニッポン」公認PJに採択

2020年6月29日

すららネット 、算数eラーニング「Surala Ninja!」が「EDU-Portニッポン」公認PJに採択

すららネットは26日、同社が開発した海外小学生向け算数 e-ラーニング「Surala Ninja!」が、官民協働のオールジャパンで取り組む日本型教育の海外展開事業「EDU-Port ニッポン」パイロット事業の公認プロジェクトに採択されたと発表した。2018年度、2019年度に続き三回目の採択となる。

「Surala Ninja!」は、「すらら」の海外版として小学生向けに開発された、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べる eラーニングシステム。スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドやフィリピンで活用されている英語版を提供している。

スリランカでは、現地パートナー会社のNext Learners (Pvt) Ltd.と連携し、私立学校や学習塾を中心に展開。新型コロナウイルスの感染拡大により、学校が3月中旬から休校、現在一部再開の動きはあるものの、その状況が長期化している。この事態を受け、すららネットは4月以降「Surala Ninja!」での自宅学習サービスを開始し、5月末までに500名以上の生徒に自宅でのオンライン学習を提供している。

EDU-Port公認プロジェクトでは、eラーニング教材「Surala Ninja!」の提供、「デジタル算数コンテスト」や現地教員の日本への研修派遣などを通じた教育のデジタル化・グローバル化の推進と、学びを止めないための教育継続計画というサポートを通じて、緊急時対策も含めた教育現場へのデジタル教育の普及活動を展開していく予定。

関連URL

すららネット

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス