1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、「Surala Ninja!」をインドネシア最大の私学グループが導入

2019年8月5日

すららネット、「Surala Ninja!」をインドネシア最大の私学グループが導入

すららネットは2日、同社の海外小学生向け算数 e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」のインドネシア語版が、インドネシア最大の私学グループ「ムハマディア」の小学校に採用されたと発表した。

0805-srl導入したのは、インドネシア・バンドンにある小学校「SD Muhammadiyah 7(ムハマディア7)」で、5日から小学1年生177人が「Surala Class」の受講を開始。

「Surala Ninja!」は、「すらら」の海外版として小学生向けに開発。インタラクティブなアニメーションを通じて、加減乗除の四則計算が学べる。

現在、インドネシア向けのインドネシア語版、スリランカ向けのシンハラ語版、また、主にインドで活用されている英語版がある。

「ムハマディア7」は教育、文化、医療、福祉などの分野で近代化を目指す活動を実施している「ムハマディア」が擁する学校の1つ。

「ムハマディア」は、1912年に設立されたイスラム社会団体で、幼稚園から高等教育まで、インドネシア最大の私学組織を有している。また、全国で病院や児童養護施設の経営、婦人・青少年の組織化などの社会活動も行っている。

今回の「Surala Ninja!」の導入は、カリキュラム強化というニーズに合致すること、また、日本のIT教育や日本式マナーが学べることが理由だという。

「ムハマディア7」の「Surala Class」の対象となる小学生は1100人にのぼり、来年度からは2~6年生への導入も見据え授業を進めていく。

同社は、インドネシアでは、JICAプロジェクトとして、2015年から現地のインドネシア教育大学「Universitas Pendidikan Indonesia」と連携して事業をスタート。現在、バンドンで私立学校、インターナショナルスクールの8校が「Surala Ninja!」を授業で活用している。

関連URL

すららネット

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス