1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、スリランカの小学校で「Surala Ninja!」を開講

2016年12月6日

すららネット、スリランカの小学校で「Surala Ninja!」を開講

すららネットは、スリランカで小学生向け算数e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」の提供・運用支援を行なっているが、スリランカ国営企業主導のe-Sri Lankaイニシアチブの実現を目的としたネナサラ(Nenasala)プロジェクトの施設のうち、バランゴダ校で「Surala Ninja!」を活用した講座を5日から開講した。

Surala Ninja!で学習する子ども(コロンボにあるSurala JUKU)

Surala Ninja!で学習する子ども(コロンボにあるSurala JUKU)

スリランカの国営企業のICTA(Information and Communication Technology Agency)of Sri Lankaが2003年に設立。ICTA主導のもと「多様で無制限の情報源とコミュニケーション手段へのアクセスをすべての市民に提供すること」を骨子としたe-Sri Lankaイニシアチブが2004年に策定された。

この理念を実現するため、ネナサラプロジェクトが立ち上がり、ネナサラプロジェクトの地域の旗艦センターとしての「知識センター(起業・商業モデル)」、農村部から電子情報にアクセスするための「電子図書館センター(コミュニティーモデル)」、僻地または遠隔地からの学習をサポートする「遠隔地e-ラーニングセンター」の3種類に加え、2004年のスマトラ沖地震における被害者をサポートするための「津波キャンプNenasala」の計4種類のモデルが開発されている。

現在、ネナサラプロジェクトの施設はスリランカ全土で750を超え、全土で1000施設以上を目標にしているという。

バランダゴダの施設のオーナーがスリランカの大都市コロンボにある「Surala JUKU」を見学し、可能性を感じられたことなどから今回の導入に至ったという。

バランゴダ校の「Surala Ninja!」の講座開講に先駆けて行われた説明会には150人を超す地元の保護者が参加し、申込生徒数はすでに100人を超えているという。

関連URL

すららネット

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス