1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習塾の俊英館、「そろタッチ」を3月から都内14校で一斉導入

2019年1月18日

学習塾の俊英館、「そろタッチ」を3月から都内14校で一斉導入

Digikaは17日、同社の暗算学習法「そろタッチ」が、学習塾「俊英館」の都内14校で3月から一斉導入されると発表した。

0118-dj俊英館は、現在小学部低学年で使われている算数の紙教材を転換し、EdTech教材の活用による算数教育の効果を上げるために「そろタッチ」を導入。

また、「そろタッチ」を含めて、大々的にテクノロジーを取り入れたカリキュラムへの移行を図っていく。

「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法。5~8歳の子どもが毎日「そろタッチ」を進めると、2年間でそろばん式暗算の上級レベルが身に付くという。

四則計算を見て・聞いてバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろん、日常生活にも役立つ実用的な暗算力が身に付く。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は、2017年に日本e-Learning大賞「最優秀賞」を、2018年にはキッズデザイン賞を受賞した。

関連URL

そろタッチ

俊英館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
採点ナビ

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 学習評価(アセスメント)特集ページ 公正な学習評価を実践するためのヒント集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス