1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習塾の俊英館、「そろタッチ」を3月から都内14校で一斉導入

2019年1月18日

学習塾の俊英館、「そろタッチ」を3月から都内14校で一斉導入

Digikaは17日、同社の暗算学習法「そろタッチ」が、学習塾「俊英館」の都内14校で3月から一斉導入されると発表した。

0118-dj俊英館は、現在小学部低学年で使われている算数の紙教材を転換し、EdTech教材の活用による算数教育の効果を上げるために「そろタッチ」を導入。

また、「そろタッチ」を含めて、大々的にテクノロジーを取り入れたカリキュラムへの移行を図っていく。

「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法。5~8歳の子どもが毎日「そろタッチ」を進めると、2年間でそろばん式暗算の上級レベルが身に付くという。

四則計算を見て・聞いてバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろん、日常生活にも役立つ実用的な暗算力が身に付く。

伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は、2017年に日本e-Learning大賞「最優秀賞」を、2018年にはキッズデザイン賞を受賞した。

関連URL

そろタッチ

俊英館

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス