1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク記念国際高、「aibo」題材にしたロボットの公開授業を実施

2018年1月24日

クラーク記念国際高、「aibo」題材にしたロボットの公開授業を実施

クラーク記念国際高校は、ソニーの全面協力を得て、「ロボット開発最前線」と題した特別公開授業を、2月1日に東京・秋葉原ITキャンパスで実施する。

00授業を行うのは、昨年復活し話題となった「aibo」の先端技術開発グループを率いる森永英一郎氏。同校の呼びかけに応じて「aibo」を題材にロボット教育を行うのは、今回が初の試みだという。

授業では、ロボット工学の基礎を学ぶ「ロボット専攻」の高校生が、最先端のロボットについて学ぶ。同校は、7年前に「ロボット専攻」を開講。今回の特別授業は、高校のロボット教育の可能性を考えることができる機会になるという。

クラーク記念国際高校は、「君よ、大志を抱け」の言葉で有名なクラーク博士の精神を教育理念に、1992年に開校。クラーク家から認められた世界で唯一の教育機関だ。通信制でありながら、制服を着て毎日通学する全日型スタイルを取り入れたユニークな教育で、これまで約6万人に上る卒業生を輩出。全国で約1万2000人の生徒が在籍している。

関連URL

クラーク記念国際高校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス