1. トップ
  2. データ・資料
  3. キラメックスの無償プログラミングスクール、80%が「楽しかった」と回答

2020年6月5日

キラメックスの無償プログラミングスクール、80%が「楽しかった」と回答

キラメックスは4日、全国5000人以上の学生に無償提供した同社のオンラインプログラミングスクール「TechAcademyジュニア」について、80%の生徒が「楽しかった」と回答したと発表した。

同社は、「コロナ休校」などの事態を受け、2月28日〜5月31日に、小中高校生を対象としたプログラミングスクール「TechAcademyジュニア」の学習教材を、全国5000人以上の学生に無償提供。無償提供した学生(保護者含む)のうち約300人に学習後のアンケートを実施した。

それによると、「オンラインでのプログラミング学習(TechAcademyジュニア)は楽しかったか?」との質問に、82%が「楽しかった」と回答した。

オンラインでのプログラミング学習を通じて学んだことを聞いたところ、「Scratchの基本的な使い方」との回答が最多で、以下、「プログラミングの考え方」、「うまくいかないことの原因を考えて行動する姿勢」が続いた。

学習後の変化について尋ねたら、「プログラミングに興味をもつようになった」という答えが最多だった。以下、「家族間でのコミュニケーションが増えた」、「自宅での学習時間が総合的に増えた」が続き、生活の側面においても変化があった ことが分かった。

プログラミングをオンラインで学ぶことに対し、「不安があった」と答えた119人(全体の40%)に学習後の変化について質問したところ、72%が「はい(不安を解消できた)」と回答した。

また、今後、プログラミング教室に通わせたいと考えている人が56%いることも分かった。すでにプログラミング教室に通っている人を合わせると、64%が今後もプログラミングを学ばせたいと考えていることが分かった。

今後プログラミング学習をさせたい理由を聞いたところ、学習の背景においては「論理的思考力が身につくなど、他の教科学習にもプラスになりそうだから」が最多で、「子どもが将来働く上で必要となっていくから」、「子ども自身が習いたいと言ってきたら環境を用意する」など、子どもの将来を考えてプログラミングを学ばせたいと考えていることが分かった。

このアンケート調査は、「TechAcademyジュニア」を使用した小学2年〜高校3年生の学生またはその保護者を対象に、3月30日〜5月20日にかけて、インターネットで実施。回答者数は292人。

関連URL

「TechAcademyジュニア」

キラメックス

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス