1. トップ
  2. 学校・団体
  3. OKI、宮城県の西多賀支援学校で初の遠隔職場実習を実施

2020年7月4日

OKI、宮城県の西多賀支援学校で初の遠隔職場実習を実施

OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェル(OWW)は2日、6月24日から26日の3日間、宮城県立西多賀支援学校において、高等部2年生を対象に「テレワーク」を体験する遠隔職場実習を実施したと発表した。

遠隔職場実習の様子

OWWは、国連が定めたSDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の実現に向け、全国各地の特別支援学校(肢体不自由)に遠隔職場実習の場を提供。2004年からの継続的な取り組みにより、遠隔職場実習の参加者は延べ180人を超えているという。

今回の遠隔職場実習は、学校の要請を受けてOWW社員が講師を務め、重度障がいがあり通勤困難で在宅勤務をしている自らの体験・経験を活かし、香川県の自宅からネットワーク経由で、在宅勤務で最も重要なコミュニケーションなどのビジネススキルと、文書作成技術などのITスキルについて、実習を交えながら指導。

参加した生徒は、企業に出向くことなく学校にいながら、講師とコミュニケーションをとり、テレワークで働く体験をした。

OWWでは、全国20都道府県に55人の通勤困難な重度障がい者が在宅勤務をしているという。障がい者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、このほかに特別支援学校(肢体不自由)の児童生徒・保護者を対象とした出前授業も実施。

関連URL

宮城県立西多賀支援学校

特別支援学校(肢体不自由)の児童生徒・保護者を対象とした出前授業

OKIワークウェル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス