1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Z会、「どんどん聞ける!小学生のための英語リスニングドリル」申込受付け中

2020年7月8日

Z会、「どんどん聞ける!小学生のための英語リスニングドリル」申込受付け中

Z会は7日、「Z会の通信教育」小学生向けコースで、小学校高学年の学習段階に適した英語リスニングドリル「どんどん聞ける!小学生のための英語リスニングドリル」の申込み受付けを開始した。

このドリルは、1回分の学習時間は40分程度。音声を聞いて適切なイラストを選ぶ、適切な応答を流れる音声から聞き取るなどの「リスニング問題」に取り組め、小学生が興味をもって聞くことができる身近な話題を多く取り上げている。

「リスニング問題」への挑戦を通じて、良質な英語をたくさんインプットする経験を重ね、英語力をより高い段階に引き上げることができる。

要点学習では、小学生にとって身近な場面から、教室でのスピーチなど少し改まった場面まで段階を追って触れていき、その場面特有の表現をしっかり確認。例題の音声は目的を変えて繰り返し聞くことで、表現を自然に身に付けることができる。

要点学習のあとに、各種民間試験でも扱われる形式のリスニング問題(練習問題)に取り組む。各回の練習問題は大問4題構成。段階的に難易度を上げており、リスニング問題に取り組むのが初めての子どもでも、無理なく学習を進められる。

練習問題の「答えと考え方」では、正答を導くためのポイントを紹介。ポイントをおさえたら、すぐに要点学習に戻って確認・復習ができ、習得した攻略法を次に応用できる。

聞く力をさらに伸ばしたい、民間試験の「リスニング問題」対策をしたい小学6年生にオススメのドリルだという。価格は1700円(消費税・送料込)。申込みから1週間前後で届く。書店および書店通販サイトでは取り扱っていない。

関連URL

ドリル詳細

ドリルの申込み

Z会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス