1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. データサイエンティスト協会、IPAと共同で初の「公式ガイドブック」を刊行

2020年7月8日

データサイエンティスト協会、IPAと共同で初の「公式ガイドブック」を刊行

データサイエンティスト協会は7日、情報処理推進機構(IPA)と共同で、「データサイエンティストのためのスキルチェックリスト/タスクリスト概説」を刊行したと発表した。

同書は、今必要とされるデータ利活用のためのスキルを体系化した「スキルチェックリスト」と業務プロセスを体系化した「タスクリスト」を読み解くための初の公式ガイドブック。

「スキルチェックリスト」は、データサイエンティストに必要とされるスキルをチェックリスト化したもの。

データサイ エンティストに求められるスキルを「ビジネス力」「データサイエンス力」「データエンジニアリング力」の3分野に分けて定義しているほか、それぞれの分野のスキルレベルとして、①業界を代表するレベル、②棟梁レベル、③独り立ちレベル、④見習いレベルの4段階を定義。

同リストは、現在のビジネス環境や実態にあわせた内容にするために、2年に1回、全スキルチェック項目の修正を行っていく。

また、「タスクリスト」は、各スキル要件がどのようなプロセスに必要とされるかを整理した横断的な内容で、ITスキル標準(ITSS)の新領域「データサイエンス領域」で採用された「スキルチェックリスト」を補完するものになっている。

例えば、データサイエンスを駆使して価値を生み出す活動の流れそのものがよく分からない場合や、データサイエンスのプロジェクト内で果たしたい役割が分からない場合にタスクリストを確認し、プロセスの全体感と自分が担当するタスクを把握することができる。

また、「タスクリスト」と「スキルチェックリスト」を併用することで、自分が担当するタスクを行う上で身に付ける必要があるスキル項目の把握に役立てることができる。

同書は、「スキルチェックリスト」と「タスクリスト」の読み解き方と活用方法を記したガイドブックとして、データサイエンス領域での就業を目指す学生から実務家、データ分析に携わるビジネスパーソンなどが対象。

関連URL

「スキルチェックリスト/タスクリスト概説」の無料ダウンロード

「最新版スキルチェックリストver.3」ダウンロード

「最新版タスクリスト」ダウンロード

データサイエンティスト協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス