1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.238 日本大学高校・中学校 田中忠司 先生(後編) を公開

2020年7月22日

iTeachers TV Vol.238 日本大学高校・中学校 田中忠司 先生(後編) を公開

iTeachersとiTeachers Academyは22日、iTeachers TV Vol.238 日本大学高等学校・中学校の田中忠司 先生による「オンライン授業とCreativityの育成について(後編)」を公開した。

COVID-19拡散防止のための休校措置をきっかけに始まった同期・非同期のハイブリッド型オンライン授業。「児童生徒の学び」は教科の学習に限定されない。日本大学高等学校・中学校では、ホームルーム活動・総合学習も併せて時間割に組み込んでいる。田中先生が担任をしているクラスでは、生徒のCreativityを高めるためにAppleの教育プログラム「Everyone Can Create(ECC)」をオンライン上で実践した。ECCをオンライン上で実践するコツや、実践したことで見えてきた生徒の可能性などについて紹介する。

田中先生は、日本大学高等学校・中学校 教務部副主任 (ICT推進担当)、英語科・情報科教諭。iPad One to One、全教室にプロジェクタと無線LANの整備のほか、Microsoft Office 365 Education や G Suite for Education 等のソフト面の充実にも力を注ぐ。また、教職員の授業力向上を図るべく、「全教科」「毎学期」研究授業の実施を推進し、他教科の実践から学ぶ機会を設けている。Edmodo Certified Trainer、GEG Asakusaリーダー。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、Z会の鶴見 健了 さんによる「スクラッチでレゴ」。

鶴見さんは、大学院修了後、静岡県内の私立中学校・高等学校に勤務。担当教科は数学、情報。校務分掌では主に教務、校内情報機器の整備担当を経て、入試・学園広報の課長を務める。2016年、ICT教育の可能性を模索し株式会社Z会に入社。Z会では小学生向けのプログラミング講座に立ち上げから携わっている。

iT-Lv2

□ オンライン授業とCreativityの育成について(後編)

□ オンライン授業とCreativityの育成について(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス