1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TeamViewer、Microsoft Teams環境でも使用可能に リモート接続とAR接続が実現

2020年9月11日

TeamViewer、Microsoft Teams環境でも使用可能に リモート接続とAR接続が実現

TeamViewer(チームビューワー)は9日、Microsoft Teams から『TeamViewer』のリモート接続サポートと拡張現実(AR)ソリューションを起動し利用することができるようになったと発表した。

Microsoft Teams のプラットフォームでは様々なコミュニケーション・ツールが利用できるようになっており、最近はリモートワークを行う人たちに有益なソリューション・ハブとして機能している。

『TeamViewer』のアプリも、今後はこの Microsoft Teams のアプリストアからをダウンロードでき、アプリをダウンロードし『TeamViewer』のアカウントにログインすることで、同僚との1 対 1 やグループチャンネルを通じてリモートコントロールや AR 接続のための招待状をすぐに共有することが可能。これにより、何か問題が起きたりヘルプが必要な時に、より効率的にサポートを提供することができるという。

AR のリモートソリューションである『TeamViewer パイロット』は、リモートで起きている物理的な問題を素早く解決。『TeamViewer パイロット』では、3D の矢印や手書きのマーカー、テキストの打ち込みなど AR による指示を出すことができ、またファイルの共有や会話をすることも可能。

Microsoft Team ユーザーであれば、Teams 内の『TeamViewer』にログインすることによって、アクセス可能なデバイスグループを管理したり、チームメンバーにデバイスを共有することができる。

その他に個人用タブですべてのアクティブなセッション、接続履歴やユーザARーガイドなどを示す『TeamViewer ダッシュボード』を表示することも可能。さらに、デバイスアクセスボタンを押すだけで、チームは必要なすべてのデバイス環境へのアクセスをワーキンググループ全員と瞬時に共有することができるため、より効率的に作業が進むという。

この統合を利用するには、Microsoft Teams ライセンスと統合が有効化できる『TeamViewer』プランが必要。

関連URL

TeamViewerプランの詳細

TeamViewer

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス