1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TeamViewer、Microsoft Teams環境でも使用可能に リモート接続とAR接続が実現

2020年9月11日

TeamViewer、Microsoft Teams環境でも使用可能に リモート接続とAR接続が実現

TeamViewer(チームビューワー)は9日、Microsoft Teams から『TeamViewer』のリモート接続サポートと拡張現実(AR)ソリューションを起動し利用することができるようになったと発表した。

Microsoft Teams のプラットフォームでは様々なコミュニケーション・ツールが利用できるようになっており、最近はリモートワークを行う人たちに有益なソリューション・ハブとして機能している。

『TeamViewer』のアプリも、今後はこの Microsoft Teams のアプリストアからをダウンロードでき、アプリをダウンロードし『TeamViewer』のアカウントにログインすることで、同僚との1 対 1 やグループチャンネルを通じてリモートコントロールや AR 接続のための招待状をすぐに共有することが可能。これにより、何か問題が起きたりヘルプが必要な時に、より効率的にサポートを提供することができるという。

AR のリモートソリューションである『TeamViewer パイロット』は、リモートで起きている物理的な問題を素早く解決。『TeamViewer パイロット』では、3D の矢印や手書きのマーカー、テキストの打ち込みなど AR による指示を出すことができ、またファイルの共有や会話をすることも可能。

Microsoft Team ユーザーであれば、Teams 内の『TeamViewer』にログインすることによって、アクセス可能なデバイスグループを管理したり、チームメンバーにデバイスを共有することができる。

その他に個人用タブですべてのアクティブなセッション、接続履歴やユーザARーガイドなどを示す『TeamViewer ダッシュボード』を表示することも可能。さらに、デバイスアクセスボタンを押すだけで、チームは必要なすべてのデバイス環境へのアクセスをワーキンググループ全員と瞬時に共有することができるため、より効率的に作業が進むという。

この統合を利用するには、Microsoft Teams ライセンスと統合が有効化できる『TeamViewer』プランが必要。

関連URL

TeamViewerプランの詳細

TeamViewer

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス