1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KnodeSync、言語教育の質を高めるスピーキング評価AI「SSAPI」提供開始

2021年4月28日

KnodeSync、言語教育の質を高めるスピーキング評価AI「SSAPI」提供開始

KnodeSyncは26日、言語教育に特化したスピーキングAIのAPI(SS API)の提供を開始したと発表した。

SSAPIの導入により、既存の自社サービスへ【英語・中国語の音声評価】、【音声認識】、等の新たな教育メソッドを簡便に実装することが可能となり、従来に比べて飛躍的に言語教育の質、及び効率を高めることができるという。

例えば、従来は教育者が授業1枠を使い、個々の生徒にマンツーマンで朗読をさせることでスピーキングの力を評価することが主流とされてきたが、SSAPIを利用することで、自動かつ同時に複数の人の評価が可能となる。

評価プロセスの効率化、簡易化を図ることで、教育者は学習者が本来必要としている苦手ポイントへの介入指導や文法・単語の授業など、言語能力向上に有効な指導により集中することができるという。

また、評価結果を記録、活用することが可能となり、採点内容と分析に基づいた学習者の習熟度の把握、得意苦手項目の整理等を定期的に行うことができ、学習者の自習時間における評価結果を指導カリキュラムの編成に活用することも可能に。

学習者は、細やかな採点項目に基づく評価結果をリアルタイムに受領することが可能になるため、自身の苦手なポイントを正しく認識し、これまで難しいとされてきた言語の自習の質を向上。効果的な学習を継続することができる。また、瞬時にSSAPIからフィードバックが提供されるため、学習ストレスの緩和、学習意欲の維持と向上にも繋がるという。

SSAPIは様々なプラットフォームに対応しているため、iOS、Android、Web、PC等、現在利用中のサービス内でのスムーズな導入が可能。

SSAPIの音声評価には全14種類のエンジンが搭載されており、それぞれのエンジンは、対象やシーンに応じた評価結果を提供するよう設計されている。音声認識は、STT及び読み上げた単語や文章の発音を同時に評価。作文評価においては、文法やスペルミス訂正以外に、テーマとの合致度、文章の可読性などの評価項目で評価を行うという。

関連URL

Knode Sync

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス