1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京工科大学、高校生を対象にした「サイエンスイングリッシュキャンプ」開催

2021年7月5日

東京工科大学、高校生を対象にした「サイエンスイングリッシュキャンプ」開催

東京⼯科⼤学⼯学部は、⾼校⽣を対象に、英語で化学実験などを体験する「サイエンスイングリッシュキャンプ」を、7⽉30⽇から8⽉1⽇の3⽇間、開催する。

キャンパスの実験設備を使って英語での化学実験やディスカッションなどを体験する取り組みで、2年ぶり5回⽬の今回はオンラインでの聴講も可能。

「質量分析装置」などの本格的な研究設備を使い、⾝近な⾷品や医薬品などに使われている「有機化合物」をテーマにした化学実験を行う。英語で実験をすることで結果や進め⽅がどのようになるのか体験するなど、3⽇間を通じて研究者の現場を⾝近に感じてもらうプログラムだという。

対⾯での参加(3⽇間⽇帰り)は、感染症予防対策を施し60名上限の予定だが、感染の状況などによりオンラインのみ、または中⽌の可能性もある。

開催概要

開催⽇時:7⽉30⽇(⾦)・31⽇(⼟)・8⽉1⽇(⽇)
開催場所:同⼤学⼋王⼦キャンパス/オンライン(Zoomなど会議ツール、ライブ配信などを予定)
内容:(※)はオンライン聴講可能
30⽇(⾦)
11:00〜 ガイダンス〜講義「酸と塩基」(⽇本語)(※)
13:00〜 安全教育・実験説明(※)
14:00〜 英語によるグループディスカッション
31⽇(⼟)
11:00〜 実験についての説明(※)
12:30〜 英語による化学実験「有機化合物の系統分離・分析」(※)
1⽇(⽇)
11:00〜 ポスター発表資料作成
14:00〜 ポスター発表・講評(※)
講師: ⼭下 俊 氏(同学部⻑)森本 樹 氏(同学部応⽤化学科准教授)キャンベル・アリステア 氏(同大学教養学環教授)
参加費:オンライン聴講は無料 (対⾯参加は2000円)
問合せ・申込み:Tel.0120-444-903(東京⼯科⼤学 広報部)

関連URL

東京工科大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス