1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京工科大学、高校生対象「サイエンス イングリッシュ キャンプ」7月開催

2022年5月16日

東京工科大学、高校生対象「サイエンス イングリッシュ キャンプ」7月開催

東京工科大学工学部は、日本化学会と共催で、高校生を対象に英語での化学実験などをキャンパスで体験する「サイエンスイングリッシュキャンプ」を、7月29日・30日・31日の3日間開催する。

過去の開催の様子

産業のグローバル化が進む今日、エンジニアにとっても国際的なセンスや語学力が重要となっている。この取り組みは2016年から実施しており、3年ぶり5回目の開催となる。

国際的なキャリアを有する同学教員らの指導のもと、高校では触れる機会の少ない大学の実験設備を使った英語での化学実験やグループディスカッション、成果発表会など、3日間を通じて研究者の現場を身近に感じもらう、希少性の高いプログラムになっている。

化学実験では、「質量分析装置」などの本格的な研究設備を使い、身近な食品や医薬品などに使われている「有機化合物」をテーマにした化学実験を行う。
講師は、米国マサチューセッツ工科大学客員研究員などの経歴を持つ本学工学部⻑の山下俊教授、同森本樹准教授、教養学環のキャンベル・アリステア教授などが担当する。

開催概要

開催日時:7月29日(金) ・30日(土)・31日(日)
開催場所:東京工科大学 八王子キャンパス
主な内容:
29日(金) ガイダンス / 講義「酸と塩基」(日本語) / 安全教育・実験説明 / 英語によるグループディスカッション
30日(土) 実験についての説明 / 英語による化学実験「有機化合物の系統分離・分析」
31日(日) ポスター発表資料作成 / ポスター発表・講評
参加費: 2000円(昼食代/保険代込み)
対面定員:60名 ※7月4日(月)まで受付(先着順)

参加申込

関連URL

東京工科大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス