1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「第6回全国小中学生プログラミング大会」審査日程・審査員を発表

2021年10月6日

「第6回全国小中学生プログラミング大会」審査日程・審査員を発表

全国小中学生プログラミング大会実行委員会は4日、今年で6回目となる「全国小中学生プログラミング大会」の、審査日程および審査員を発表した。

本大会は、小中学生を対象としたプログラミングコンテストです。PC・スマートフォン・タブレットで動作するソフトウェア、またはロボット・電子工作などのハードウェアで、自身によるオリジナル作品であれば、使用する言語や作品の形式は一切問わない。テーマの指定などもないので、自由な発想で創作できる。

審査は、「発想力」「表現力」「技術力」を基準に行う。2021年9月から応募を開始しており、11月3日を応募〆切とし、2022年2月27日にオンラインで、最終審査会・表彰式を行う予定。また今回より審査員を一新、審査員長にはAR三兄弟の川田十夢氏が就任する。

昨年度から、小学校でのプログラミング教育が必修化、今年度は、中学校でも新学習指導要領によりプログラミング教育が拡充された。コロナ禍後のコンテストの開催形式の検討を進めるなかで、YouTubeチャンネルを開設するとともに過去受賞者へのインタビューなどのライブ配信も行う。

開催スケジュール・審査員
9月1日:応募開始発表
11月3日:応募締切
2月上旬 :第一次審査通過作品発表(予定)
2月上旬 :入選作品発表(予定)
2022年2月27(日):最終審査会/各賞発表・表彰式(予定)
応募詳細:大会公式サイト

審査員長:川田 十夢 (AR三兄弟)
審査員:
安達 真(グルコース 代表取締役)
石戸 奈々子(CANVAS 理事長)
岩佐 琢磨(Shiftall代表取締役CEO)
千代田 まどか(ITエンジニア兼マンガ家)

関連URL

「第6回全国小中学生プログラミング大会」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
セキュリティ対策ならYubiPlus 校務用PCの二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス