1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学4年~中学1年生の2人に1人が「週1回以上の読書」=やる気スイッチ調べ=

2021年11月9日

小学4年~中学1年生の2人に1人が「週1回以上の読書」=やる気スイッチ調べ=

やる気スイッチグループは8日、未就学児~高校3年生までの生徒とその保護者合計355人を対象に実施した、「読書に関する親子アンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、子どもの2人に1人(49.0%)が「週に1回以上の読書習慣」があることが分かった。およそ4人に1人(23.1%)は「毎日読書」をしており、反対に、本を1冊も読まない「不読率」は20.7%だった。

年齢別に詳しくみると、「毎日読書」しているのは未就学児(58.5%)と小学1年生(51.9%)が最も多く、「不読率」もそれぞれ1.9%と3.7%ときわめて低い。保護者による読み聞かせなどで読書に親しむ習慣ができていることがうかがえる。

ただし、小学3年生になると「毎日の読書」は5.3%と大幅に減少し、「週1回以上の読書」は36.9%、「不読率」も26.3%と大幅に増加。

そして、小学4年生から読書頻度が再び上がり、小学4年~6年生になると2人に1人(平均50.6%)は「週1回以上」読書をし、その後、高校2年生で読書の頻度が急激に上がる(週1回以上の読書66.6%)が、高校生は週末の読書は「皆無」だった。

子どもに「これまでに読んで“やる気”が入った本」について聞いたところ、小学生の回答は、「鬼滅の刃」や「ドラゴン桜」など漫画・コミックが33.0%で最も多く、以下、TV・アニメ関連本(21.6%)、小説などの読み物(17.0%)、「昆虫図鑑」や「ことば大百科」などの図鑑・学習系の実用書(9.1%)という順だった。

一方、保護者の読書習慣について尋ねたところ、「週1回以上読書をしている」保護者は31.5%で、子ども(49.0%)より17.5%低いことが分かった。

また、子どもに「勉強しなさい」と常に言う保護者ほど週1回以上読書をしている割合が低く、同時に普段読書をしていない割合も高いことも分かった。

子どもに「勉強しなさい」と声をかける前に、保護者自らが読書をする姿を見せることで、子どもの読書や勉強へのやる気向上につなげられるかもしれない。

このアンケート調査は、未就学児~高校3年生までの生徒とその保護者を対象に、今年8 月28・29日の2日間、インターネットで実施した。回答数は355人。

関連URL

調査結果の詳細

やる気スイッチグループ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス