1. トップ
  2. データ・資料
  3. 節分行事、6割の園・学校で「鬼が登場」、8割の家庭が「恵方巻を食べる」=千調べ=

2022年1月26日

節分行事、6割の園・学校で「鬼が登場」、8割の家庭が「恵方巻を食べる」=千調べ=

千は25日、未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親135人を対象に実施した、「節分に関する保護者の意識調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、園・学校で節分行事が行われるかを聞いたところ、「鬼が登場する」61.19%が最も多く、「豆まきしている」55.97%、「節分の特別な給食が出る」41.79%が続いた。

また、節分行事が子どもにとってどのような機会になることを期待するかを質問したところ、「子どもが行事を楽しめること」84.44%が最も多く、次いで「子どもが節分ならではの体験ができること」76.30%、「子どもが節分の本来の意味や慣習を理解すること」55.56%。

一方、家庭での節分イベントを聞いたところ、「恵方巻を食べる」78.52%が最も多く、「豆まき」72.59%、「豆を食べる」65.93%が続いた。「特になにもしない」は僅か約3%だった。

節分行事について自身の子どもの頃と現在で異なる点を聞いたところ、「恵方巻きを食べる習慣が昔はなかった」、「地方によることだとは思うが、私が子供の頃は恵方巻きの存在すら知らなかった」など、以前は恵方巻を食べていなかったと答える人が最も多かった。

次に多かったのが、豆まきで使用する豆についてで、「豆は小さい子どもには喉につまるなど危険とのことで、新聞紙を丸めて豆の代用として豆まきしている」、「私達の時はちゃんと豆をまいていたが、今は豆を食べさせて亡くなる子のニュースなどの影響で豆ではなく、殻付き落花生をまいたりしている」などの声が寄せられ、誤嚥防止のため大豆ではなく代替品や個包装のものを投げていることが分かった。

この調査は、未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親135人を対象に、2021年12月21日~2022年1月12日にかけて、WEBアンケートという形で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス