1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アメリカの高校卒業資格が取得できるオンライン制の学校「ipcインタースクール」スタート

2021年11月22日

アメリカの高校卒業資格が取得できるオンライン制の学校「ipcインタースクール」スタート

ipcは18日、一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムでアメリカの高校卒業資格が取得できる「ipcインタースクール」をスタートした。

日本の高校生たちにとって、多種多様な選択肢に溢れる現代は迷路のようなもの。十人いれば十通りの生き方がある。そう考える「ipcインタースクール」は完全オーダーメイドによるカリキュラムを使用し、自分=あなたを主役にした“学び”を創出。個々人の夢や希望にしっかりと寄り添い、先々をクリアに、そして明るく照らす手伝いをするという。

同スクールの特徴は5つ。①「アメリカの高校が提供する学習システム」。同スクールでは、アメリカのオンライン制ハイスクールのカリキュラムを受講。提携校はフロリダにある「Citizens High School」。同高校のカリキュラムを元にして、一人ひとりの夢や希望に合わせたオーダーメイドのカリキュラムをメンターと共に作成。卒業に必要な単位をすべて取得すれば、提携するアメリカンハイスクールの卒業証書が発行される。

②「英語は話せなくてもOK」。学習や課題の提出のために、他言語を切り替える機能があるオンラインシステムを活用。単位を取得するための課題の提出はアメリカの提携校に対して直接行い、コメントや評価は英語で返ってくる。英語が苦手な場合にはメンターがフォローアップする。

③「自分の将来に役立つ事が学べる」。生徒一人ひとりの要望に合わせてメンターが一緒になって目標を設定し、オーダーメイドのカリキュラムを創出。決められた科目を学習するのではなく、夢や目標を達成するための計画を逆算で立て、それに沿って勉強する。すべて単位として認められるので、自分にとって必要な知識やスキルを自由に学べる。

④「メンターパーソナル制度によるサポート体制」。メンターは「相談者」や「助言者」の枠を超え、一緒に進んでいく「仲間」として生徒に寄り添う。

⑤「好きな時間に好きな場所で」。インターネット環境さえあれば、パソコンはもちろんスマートフォンからも利用可能。メンターとのコミュニケーションはZoomなどを利用し、質問はLINEなどでいつでも訊くことが可能。ストレスなく疑問点を解消できる。

入学に関して一切の試験・審査はない。

関連URL

ipcインタースクール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス