1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ガールスカウト日本連盟、小学生から学べるオンラインプログラム「わたし と みんな」を公開

2021年11月22日

ガールスカウト日本連盟、小学生から学べるオンラインプログラム「わたし と みんな」を公開

ガールスカウト日本連盟は18日、子どもたちが健やかに安全に育ち、子どもの意思が尊重される社会になることを願い、小学生からジェンダー平等について学ぶことができるオンラインプログラム「わたし と みんな」を公開した。

子どもの権利が守られ、可能性を伸ばす社会の実現を願って1989年11月20日に国連総会で「子どもの権利条約」が採択された。子どもは、自らの生命と身体の安全を守る権利がある。また国籍、人種、性、意見、障がい、経済状況などのどんな理由によっても差別されることは許されない。自らの意見を自由に表現することができ、周りの大人はそれを十分に尊重しなければいけない。

同オンラインプログラム「わたし と みんな」は、小学校1年生から大人までの誰もが 「ジェンダー(社会的な性差)にとらわれず、可能性を伸ばすことができる」という。

日本社会で日常生活を送るうえでは一見、男女平等のように感じている人は多い。しかし幼いころから、家庭や保育・教育の場などで、周囲の大人からの影響、あるいはメディア等からの影響を受け、「男の子だから〇〇」「女の子なんだから〇〇」といった固定的性別役割分担意識をはぐくんでしまっている状況が多くある。このような意識は、幼少期から長年にわたって形成され、男性にも女性にもあるもの。子ども自身の意思を、大人の無意識の固定観念により押さえこんでしまうことは避けなければいけない。幼いころから性別役割分担意識を押し付けないような環境整備が大切だという。

関連URL

オンラインプログラム「わたし と みんな」

ガールスカウト日本連盟のジェンダー教育プログラム

ガールスカウト日本連盟

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス