1. トップ
  2. データ・資料
  3. ガールスカウト日本連盟、「18-25歳対象ジェンダーに関する調査報告書2022」公開

2022年12月16日

ガールスカウト日本連盟、「18-25歳対象ジェンダーに関する調査報告書2022」公開

ガールスカウト日本連盟は14日、「18-25歳対象ジェンダーに関する調査報告書2022」を公開した。

調査の結果、個人差があることでも「女性だから」と一括りにされることでさまざまな影響を受けていること、生理や避妊のことなどをどこに相談していいのかわからない女性が多いことなどがわかったという。

“女の子/女性だから”という理由で、「何かをしなさい/しなくていい」などと言われたり何かをあきらめたりしたことがあると回答したのは79%。前回調査で「経験がある」と回答したのは66%で「何らかの制限を受けている」と認識する女性が増加。

「女性はこうあるべき」という“女性像”を形成していると思うのは、「学校」59%、「家庭」50%、「メディア」78%と、メディアからの影響が大きいという。

女性は「女の子らしさ」という言葉に縛られていて、多様さを認められず「女性だから」と一括りにされることの影響はキャリアにも及んでいること。さらに、女性特有の生理についてオープンに話すことをためらう現状と、避妊アイテムに関する情報が少なく、いざ相談先が必要になっても「どこに相談したらよいのか分からない」女性もいることがわかった。

詳しい調査報告内容はダウンロード・購入することができる。価格は1100円(税込)。

調査概要

調査対象:全国の18~25歳の女性
調査期間:3月18日~4月30日
調査方法:インターネット回答 全45問
回答者数:491人

調査報告内容申込

関連URL

ガールスカウト日本連盟

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス