1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京中央日本語学院、日本語教育能力検定試験で合格率80%超え

2022年1月20日

東京中央日本語学院、日本語教育能力検定試験で合格率80%超え

語学教育事業を展開するパスメイクグループの東京中央日本語学院(TCJ)は19日、2021年度の日本語教育能力検定試験におけるTCJ講座受講者の合格率が8割を超えたと発表した。

日本語教育能力検定試験は外国人に日本語を教えるのに必要な知識や能力を問う資格試験で、日本語の文法、発音の教え方や練習のさせ方など、プロとして日本語を教えるための専門知識が問われる。

難関試験のひとつと言われ、昨年10月24日に実施(12月23日に結果通知)された試験の全国合格率は29%だったが、TCJの合格率は2019年に63%、2020年に73%と毎年伸びて、2021年に81%と初めて80%を超えた。

TCJでは日本語教育能力検定試験の対策講座を毎年開講しており、受講者が試験の準備を通してスキルアップできるよう、専門的な理論も外国人が実際に起こした言い間違いなどと結びつけながら解説している。

関連URL

東京中央日本語学院

パスメイクホールディングス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス