1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディプラス、「Studyplusブック」に三省堂・文理の図書教材が参画

2022年4月4日

スタディプラス、「Studyplusブック」に三省堂・文理の図書教材が参画

スタディプラスは1日、2022年1月から提供を開始している電子参考書プラットフォーム「Studyplusブック」で、三省堂、文理と4月から連携することを決定したと発表した。


電子参考書プラットフォーム「Studyplusブック」は、月額980円で参考書200冊以上が利用できる「Studyplusブック読み放題」、紙版の購入で電子版を無料提供する「Studyplusブックコード」という2つのサービスを提供している。

今回の連携によって、三省堂、文理の図書教材を採択した学校のうち、「Studyplusブックコード」を希望する学校には、「Studyplusブック」で利用できるデジタル教材が配布されることになり、紙教材とデジタル教材を用途によって使い分けることが可能になる。

学校現場における学習用端末の配備は、急速に広がっている。文部科学省の調査では、パソコンやタブレットなどの「1人1台端末」が、2021年7月末時点で小中学校の9割以上で完了。整備が遅れていた高等学校でも、2022年4月から施行される新学習指導要領において共通必修科目「情報I」が導入されることなども背景に、すべての都道府県で2022年度の1年生に1人1台の環境を同年度内に整備する方向性を、文部科学省は示している。

同社が2021年4月23日〜5月7日に実施した、全国の高等学校の教科主任を対象とした「1人1台端末」整備状況やデジタル教材の導入状況に関するアンケート調査では、高校教員の8割がデジタル教材の導入に前向きだという結果が得られた。

2022年度は高等学校での端末配備数も増加し、学校現場における紙教材と合わせたデジタル教材の活用が更に活性化することが予想される。今後も出版社と共同で、デジタル化が進む学校現場のニーズに応えるためにも、紙と電子の併用を前提としたデジタル学習の普及を目指し、ラインナップの拡充を推し進めていくという。

関連URL

「Studyplusブックコード」

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス