1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネイティブキャンプ、「リスニングマラソン」にSDGsゴール11を英語で学べるコンテンツ

2022年7月7日

ネイティブキャンプ、「リスニングマラソン」にSDGsゴール11を英語で学べるコンテンツ

オンライン英会話サービス「ネイティブキャンプ英会話」を展開するネイティブキャンプは5日、無料で利用できる「リスニングマラソン」にSDGs ゴール11「住み続けられるまちづくりを」について英語で学ぶことができるコンテンツをリリースしたと発表した。

ネイティブキャンプはネイティブスピーカーとのレッスンを予約不要・回数無制限で受講できる唯一のオンライン英会話サービス。同サービスではレッスンや自習時に利用できるコンテンツを1万2000以上豊富に取り揃えており、会員がネ同サービスのプラットフォームだけで幅広く英語学習ができる環境を提供している。

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標「SDGs」は世界共通の課題であり、日本においても積極的に取り組まれ、注目されている。同社でも同サービスの「リスニングマラソン」にSDGs ゴール11「住み続けられるまちづくりを」について学ぶことができるコンテンツを追加。SDGsというユニバーサルな話題を通じて英語学習を行うことができ、また、レッスンで世界中の講師と英語でディスカッションをすることでSDGsへの理解を深めながら英語を習得することができる内容になっている。

世界人口の約半分である35億人は都市で暮らし、その数は今後も増加していくといわれている。都市への人口の集中は、スラム街に住む人口の増加や排気ガスによる大気汚染、建物の老朽化など多くの問題に繋がるため、対策が求められる。また、集中した人や建物を守るため、自然災害に強いまちづくりも欠かせない。同コンテンツを利用し、住み続けられるまちづくりのために私達には何ができるのかを考えると共に、英語力向上も目指す。

関連URL

ネイティブキャンプ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス