1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 城南進学研究社、算数オリンピック特化「りんご塾」が「城南コベッツ」5教室で開校

2022年9月9日

城南進学研究社、算数オリンピック特化「りんご塾」が「城南コベッツ」5教室で開校

城南進学研究社は7日、同社が運営する個別指導教室「城南コベッツ」5教室に「りんご塾」を開校したと発表した。

「りんご塾」は、算数オリンピックでの入賞を目標に掲げる、算数に特化した塾。滋賀県出身の田邉亨(たなべ とおる)氏が滋賀県彦根市に設立し、県内に複数の教室を展開している。同社は、2018年から自由が丘校の運営を開始以来、入塾待ちが出る塾として東京・神奈川・千葉・埼玉エリアに展開し、今回の開校により全28校となる。2022年度算数オリンピック「キッズBEE部門」では、2名の金メダリストを輩出している。

文科省は、新教育課程で身につけるべき学力として、3つの要素(1)知識・技能(2)思考力・判断力・表現力(3)主体性・多様性・協調性を挙げており、小学校で学ぶ算数は、(2)の思考力・判断力・表現力を身につけるために大変重要だ。同塾で算数を学ぶことで育まれる「論理的思考力」や「発想力」は、まさに「思考力・判断力・表現力」を強化するものと言える。また算数オリンピックに向けて理系脳を鍛えておけば、 中学受験の際にも大きなメリットとなる。

「りんご塾」コースは、幼児コース(年中・年長対象)、算数オリンピックキッズBEEコース(小学1・2年生対象)、ジュニア算数オリンピックコース(小学3・4年生対象)、算数オリンピックコース(小学5・6年生対象)を用意。

幼児コースは数字や図形を通して、小学校に入る前に楽しみながら算数に触れる機会を作る。算数オリンピックキッズBEEコースは「算数オリンピック キッズBEE」や各種検定の対策と受検を通し、スモールステップで成功体験を積んでいく。ジュニア算数オリンピックコースは「ジュニア算数オリンピック」のメダル獲得を目指し、総合的な算数の力を育む。算数オリンピックコースは、最難関の算数コンテストである「算数オリンピック」のメダル獲得を目指して、本物の思考力・試行錯誤力を養成する(教室により設置コースが異なる)。

関連URL

りんご塾

城南進学研究社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス