1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Qiita、横浜市立橘中学校で「プログラミング出張授業」を実施

2022年12月13日

Qiita、横浜市立橘中学校で「プログラミング出張授業」を実施

エイチームのグループ会社で、エンジニアに関する知識を記録・共有するためのサービス「Qiita(キータ)」を展開しているQiitaは12日、横浜市立橘中学校の2年生249人を対象に実施した、プログラミングをテーマにした「出張授業」の模様を公表した。

今回の出張授業は、11月22日と12月8日の2日間、画面上のブロックをつなぎ合わせてプログラムを作ることができるプログラミング言語「Scratch」を使って実施。

プログラミングの基礎理解から、バーが自由に動き回るボールに触れると得点が加算されていくピンポンゲームを作るまでの過程を、実際にパソコンを使って楽しみながら学んだ。

当日は、指示を与えるブロックを組み合わせることで、ボールが画面内を自由に跳ね返るようにプログラミングを行い、マウスポインターの動きに合わせてバーが動き、ボールとバーが触れたら自動で得点がカウントされていくゲーム作りに挑戦。

最後は作ったゲームに対してどんな要素を加えると面白くなるかを、各自で考えてアレンジを加えた。

Scratchを使うことで、普段プログラミングに馴染みのない生徒でも視覚的に理解しやすい授業内容で、子どもたちは楽しく意欲的に参加していたという。

同授業に参加した生徒からは、「自分で作るのは少し難しかったが、プログラミングでできることが多くてすこし興味が湧いた」、「プログラミングはもっとむずかしかったりお金がかかるものだと思っていたが、教えてもらったり仕組みが分かってくると意外と簡単で楽しかった」などの声が寄せられた。

【開催概要】
開催日時:
・11月22日(火)9:00〜14:50
・12月8日(木)9:00〜14:50
開催場所:横浜市立橘中学校[横浜市保土ケ谷区仏向町1167番地の2]
参加者:同中学の2年生249人
主な内容:
・プログラミングとは
・プログラミング言語「Scratch」の使い方
・ピンポンゲームを作ってみよう
・ボールが跳ね返るようにする
・バーを動かせるようにする
・バーでボールを跳ね返るようにする
・ボールを跳ね返らせたら得点が増えるようにする
・ゲームをアレンジしよう

関連URL

横浜市立橘中学校

Qiita

エイチーム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス