1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本ディープラーニング協会、「2023年 第3回 G検定」開催結果を発表

2023年7月26日

日本ディープラーニング協会、「2023年 第3回 G検定」開催結果を発表

日本ディープラーニング協会は24日、「2023年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定)」の開催結果を発表した。同検定は7月7日・8日に開催したもの。4518名が受験し、3106名が合格。合格率は68.75%という結果になった。

AI・ディープラーニングを体系的に学習することは、「AIで何ができて、何ができないのか」「どこにAIを活用すればよいか」「AIを活用するためには何が必要か」という理解に繋がり、データを活用した新たな課題の発見やアイデアの創出を可能にしたり、デジタル施策の推進に自信をもたらすなど、ビジネスやキャリアの可能性を飛躍的に広げる。

同検定は試験合格後も日本最大級のAI人材コミュニティ「CDLE」を通じて、AI・ディープラーニング活用に向けたさらなる学習や実践の場を得ていくことや、合格者同士のつながりや情報交換により、様々なビジネスのヒントやチャンスが見つけることもできる。
同検定は、デジタルリテラシー協議会が定義する、これからのすべてのビジネスパーソンが持っておくべき共通デジタルリテラシー「Di-Lite」習得のための推奨試験にも設定されている。

関連URL

日本ディープラーニング協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス