1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.240 Z会 鶴見 健了 氏(後編)

2020年8月8日

iTeachers TV Vol.240 Z会 鶴見 健了 氏(後編)

iTeachersとiTeachers Academyは5日、iTeachers TV Vol.240 Z会の鶴見 健了 氏による「ロボットプログラミングの可能性を改めて考えてみる(後編)」を公開した。

前半に引き続き、ソニー・グローバルエデュケーションのロボットプログラミングキット「KOOV」を紹介する。Z会の講座における実践例、実際に学校で行われた授業の事例などをもとに、どのような学習ができるのかを説明する。ロボットプログラミングの「よさ」に改めて触れ、加えて「ロボットプログラミング」の授業を遠隔で行うことができるのかについて、かつてZ会が行った取り組みを例に話す。

鶴見氏は、大学院修了後、静岡県内の私立中学校・高等学校に勤務。担当教科は数学、情報。校務分掌では主に教務、校内情報機器の整備担当を経て、入試・学園広報の課長を務める。2016年、ICT教育の可能性を模索し株式会社Z会に入社。Z会では小学生向けのプログラミング講座に立ち上げから携わっている。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、同志社中学校の反田 任 先生による「簡単テスト・アンケート作成」。

反田先生は、EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当)。2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICTを活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015,  Intel Teach マスターティーチャー。

iT-Lv2

□ ロボットプログラミングの可能性を改めて考えてみる(後編)

□ ロボットプログラミングの可能性を改めて考えてみる(前編)

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス