1. トップ
  2. ツール・教材
  3. フィリピンのデジタルえほん「いちばにおでかけ」の日本語版を配信

2016年4月22日

フィリピンのデジタルえほん「いちばにおでかけ」の日本語版を配信

デジタルえほんは21日、フィリピンのAdarna House社と、子ども向けデジタルえほんアプリ「いちばにおでかけ(原題:A Day In The Market)」の日本語版を共同開発し、日本国内向けに提供を開始したと発表した。

キャプチャ「いちばにおでかけ」は、紙の絵本が、フィリピン政府共催の1st National Children’s Book Award Best Reads(2010)受賞、またデジタルえほんとしては、第4回デジタルえほんアワードの審査員特別賞(いしかわこうじ賞)を含む、数々の賞を受賞した作品。

小さな女の子がお母さんと初めてフィリピンの市場に買い物に行く物語となっている。

今回提供を開始したデジタルえほんアプリの日本語版では、絵本のように読み聞かせもできるほか、ままごとのような着せ替えや、登場する楽器を演奏することも可能。さらに、画面をタップすると動き始めるインタラクティブな仕様となっている。

また、日本語・英語・フィリピン語の3カ国語に対応しており、語学学習にも利用できるという。

価格は定価400円(税込)のところ、発売を記念して27日まで特別価格の150円で販売している。

関連URL

「いちばにおでかけ」AppStore

「いちばにおでかけ」Google Play

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録