1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ICTE/学芸大附属高と「映像制作」テーマにセミナー開催

2014年3月19日

ICTE/学芸大附属高と「映像制作」テーマにセミナー開催

情報コミュニケーション教育研究会(ICTE)は、東京学芸大学附属高校とコラボレーションし、教科「情報」をテーマにした「ICTE情報教育セミナー」を14日に開催した。

東京学芸大学附属高校では、1年生の教科「情報」の授業で、学校を紹介するCMを生徒たちが制作。完成した作品を発表する「附高CM Award」を開催し、優秀作品の選定や、プロのクリエイターによる講評を行っている。今回のセミナーは、「附高CM Award」とのコラボレーション。

前半は「附高CM Award」で、生徒たちの作品を上映し、ケイプラス 酒井裕司氏、創英 大野晃正氏が講評した。構成や間の取り方などプロのクリエイターからの意見を、生徒たちは真剣な面持ちで聞き入った。

続いて、「ICTE情報教育セミナー」が行われた。

ICTE情報教育セミナー

まず、東京学芸大学附属高校の森棟隆一教諭が、「附高CM Award」を含めたCM制作などの授業実践例を紹介。知的財産権に関するレポートを一学期に提出させると、利用者視点の身勝手な意見が多いが、CM制作などを通して、生徒たちがクリエイター側に回ることで変わっていくという。また、生徒が自ら出演者交渉や、著作権の許諾申請などを行うことで、社会との接点を見出せると、授業の効果について語った。

「映像制作やメディアを通して情報を学ぶ意義」をテーマにしたパネルディスカッションでは、参加者同士が意見を交わし合った。

武蔵大学の中橋雄教授は、映像制作やメディアを教育に取り入れることで、情報の送り手と受け手の関係性、コミュニケーション能力、協同やチームワーク、著作権などについて学べると、その意義について語った。一方、授業での映像制作には、機材や教員のノウハウの不足などの課題があるとした。

神奈川大学附属中・高等学校の小林道夫教諭は、NHKクリエイティブ・ライブラリーの無料動画を使い、30秒の物語を作っていくという自身の授業を紹介。5000本以上の動画をWeb上で編集できるため、撮影機材などがなくても取り組めるという利点があるという。

「附高CM Award」で講評を行った経験から、大野氏は、生徒たちがコンセプトなどを書いたエントリシートは似ているものが多かったので、途中で発表を行い、内容を見直す機会を作ってもいいのではないかと提案。酒井氏は、違ったタイプの人間同士がうまくかみあうことで、良い作品を作ることができると映像制作のポイントを述べた。

参加者からは、グループワークで生徒一人ひとりをどのように評価するのか、という質問があがった。森棟教諭は、毎回の活動報告を専用のノートにつけさせ、8割はその報告をもとに、2割は完成した作品で行うと説明。他の参加者からも、生徒たちに互いの貢献度を順位付けさせる、SNSに活動報告を書き込ませるなどの実践例が紹介された。

関連URL

情報コミュニケーション教育研究会

東京学芸大学附属高校

 

 

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス