1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ICTE/「第62回 ICTE情報教育セミナー in 武蔵大学」を5月開催

2014年4月22日

ICTE/「第62回 ICTE情報教育セミナー in 武蔵大学」を5月開催

情報コミュニケーション教育研究会(ICTE)は、「第62回 ICTE情報教育セミナー in 武蔵大学」を5月18日に東京の武蔵大学江古田キャンパスで開催する。

ICTEでは、「情報」の教科を担当する教員が、学校をこえて日々の授業の課題やアイディアを共有できるセミナーを開催してきた。

今回の研究会では、「『社会と情報』『情報の科学』、1年目のCheck & Action」をテーマに、1年目が終了した「社会と情報」「情報の科学」の実践例を持ち寄り、次のサイクルへフィードバックを行う。

講演には、千葉大学の藤川大祐教授が登壇。スマートフォンやSNSを高校生がどのように活用しているのかを語った上で、教科「情報」でどのような力を身につけさせればよいのか、いま起こっていることをどう授業に落とし込み、何を伝えるのかを考える。

ポスターセッションでは、「高校生が教える情報モラル」「Webサイトの作成の指導例」「動画教材による学習を支援するしくみ作りの紹介」など、昨年度の実践事例を教員が発表する。

「新カリキュラム1年目、実際やってみてどうだった?」と題し、ワークショップ形式で参加者同士が情報交換をしながら、次の1年の授業を構想する。

概要

日 時:2014年5月18日(日)12:30~17:00
会 場:武蔵大学江古田キャンパス1号館2階 東京都練馬区豊玉上1-26-1
資料代:1000円(ICTE会員は無料) ※当日の入会も可能(年会費2,000円)
対 象:報教育関係の小・中・高等学校・大学の教職員、大学・大学院の学生
定 員:100名 ※定員になり次第、受付終了
詳細・申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス