1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル/情報倫理のeラーニング教材の対応プラットフォームを拡大 

2014年3月19日

チエル/情報倫理のeラーニング教材の対応プラットフォームを拡大 

チエルは19日、2014年度版のeラーニング教材「2014年度版 スーパー情報倫理」の対応プラットフォームを拡大して発売した。

スーパー情報倫理

「2014年度版 スーパー情報倫理」は、書籍「インターネットの光と影」(北大路書房)に準拠した情報倫理のeラーニング教材。

情報倫理・モラルに関する知識をeラーニングで学ぶことができ、大学などの新入生教育や情報倫理教育、情報教育の教材として利用できるという。

2014年度版では、「スマートフォンやタブレット等の携帯情報通信端末の変化」「ソーシャルメディアの拡大とその影響」「初等中等教育・高等教育におけるICT活用の現状」などを改訂。

学習コンテンツ画面

また、これまでのeラーニングプラットフォームのMoodleや、チエルが販売するeラーニングシステム「Glaxa(グレクサ)」などで利用できる「SCORM(*1)対応版」に加え、対応プラットフォームを拡大した。

新しく加わったのは、クラウド型教材配信サービス「CHIeru.net(チエル・ドット・ネット)対応版」、講義支援システム「CaLabo Bridge(キャラボブリッジ)対応版」、eラーニングアプライアンスサーバ「eNetLibe(イーネットリーベ)対応版」。

標準価格は税別で、「SCORM対応版」が年間50万円、「CHIeru.net対応版」が3カ月で1080円、「CaLabo Bridge対応版」と「eNetLibe対応版」が1ライセンス5900円となっている。

(*1)SCORMとは、eラーニングのプラットフォームとコンテンツの間のインターフェースやデータ形式を規定した標準規格。

関連URL

2014年度版 スーパー情報倫理

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス