1. トップ
  2. データ・資料
  3. 文科省/タブレット倍増もPC1台当たり人数変わりなく ICT教育の実態

2014年8月11日

文科省/タブレット倍増もPC1台当たり人数変わりなく ICT教育の実態

タブレット端末の配備台数は増加しているものの、教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数は変わらない。文部科学省は8日、初等中等教育のICT教育の実態を把握するため、2013年度に実施した「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の速報値を公表した。

「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」は、全国の全公立学校の小中高等学校、中等教育学校、特別支援学校を対象に、ICT環境の整備状況、教員のICT活用指導力を調査した。基準日は2014年3月1日現在。

公立学校へのタブレット端末の配備台数は、2013年の3万6285台から、2014年は7万2685台と、1年で2倍以上増加。しかし、タブレット端末を含む教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数は、2013年も2014年も6.5台と変化はなかった。

出典:文科省

 

都道府県別に、教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数を見ると、トップは佐賀県の4.3人で、最低は埼玉件の8.4人。

出典:文科省

デジタル教科書の整備は、2013年の全国平均値が32.5%、2014年が平均値37.3%と5ポイント近く伸びた。都道府県別では、ここでも86.1%の佐賀県がトップという結果になった。

出典:文科省

教員のICT活用指導力は、「教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力」「授業中にICTを活用して指導する能力」など5項目全てが伸びている。しかし、ICT活用指導力の項目に関連した研修を、約7割の教員が受講していない。都道府県別では、トップの佐賀県では教員の99.9%が受講しているのに対して、最低の岩手では11.4%と、自治体によってばらつきがあることが分かった。

出典:文科省

出典:文科省

出典:文科省

関連URL

2013年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】 

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス