1. トップ
  2. データ・資料
  3. 文科省/タブレット倍増もPC1台当たり人数変わりなく ICT教育の実態

2014年8月11日

文科省/タブレット倍増もPC1台当たり人数変わりなく ICT教育の実態

タブレット端末の配備台数は増加しているものの、教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数は変わらない。文部科学省は8日、初等中等教育のICT教育の実態を把握するため、2013年度に実施した「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の速報値を公表した。

「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」は、全国の全公立学校の小中高等学校、中等教育学校、特別支援学校を対象に、ICT環境の整備状況、教員のICT活用指導力を調査した。基準日は2014年3月1日現在。

公立学校へのタブレット端末の配備台数は、2013年の3万6285台から、2014年は7万2685台と、1年で2倍以上増加。しかし、タブレット端末を含む教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数は、2013年も2014年も6.5台と変化はなかった。

出典:文科省

 

都道府県別に、教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数を見ると、トップは佐賀県の4.3人で、最低は埼玉件の8.4人。

出典:文科省

デジタル教科書の整備は、2013年の全国平均値が32.5%、2014年が平均値37.3%と5ポイント近く伸びた。都道府県別では、ここでも86.1%の佐賀県がトップという結果になった。

出典:文科省

教員のICT活用指導力は、「教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力」「授業中にICTを活用して指導する能力」など5項目全てが伸びている。しかし、ICT活用指導力の項目に関連した研修を、約7割の教員が受講していない。都道府県別では、トップの佐賀県では教員の99.9%が受講しているのに対して、最低の岩手では11.4%と、自治体によってばらつきがあることが分かった。

出典:文科省

出典:文科省

出典:文科省

関連URL

2013年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】 

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス