1. トップ
  2. データ・資料
  3. 学校データ約5万8000件を収録した「学校DB 2016」発売

2016年4月1日

学校データ約5万8000件を収録した「学校DB 2016」発売

東京商工リサーチ(TSR)は、教育関連への販路開拓やDM送付などに活用できる、日本全国の国公立・私立学校約5万8000件のデータを収録したデータベースパッケージ「学校DB 2016」を1日に発売した。

キャプチャ「学校DB 2016」は、幼稚園1万2300件、小学校2万300件、中学校・中等教育学校1万400件、高校・高等専門学校5800件、専修学校・各種学校4000件、大学・短期大学・大学院3700件、特別支援学校1100件のデータを収録。

地域別では、関東1万5600件、関西8900件、その他3万3500件を収録。

データの抽出条件は、都道府県、学校区分、設置者区分などがある。

全件(約5万8000件)を購入する場合の金額は、基本料金が30万円、データ料金が40万円で、合計70万円となっている。なお条件抽出による販売も行う。

キャプチャ2

関連URL

東京商工リサーチ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録