1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学生ITクリエイターを決める「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」予選開催

2016年11月29日

学生ITクリエイターを決める「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」予選開催

ヤフーは28日、IoTデバイスやアプリなどの開発を通じて、日本一の学生ITクリエイターを決める学生向け開発イベント「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」の福岡会場予選の結果を発表した。

main同予選は「Hack U」史上最大の18チーム85名が参加、優秀賞3チーム、最優秀賞1チームが選ばれ、来年2月に東京・秋葉原で催される決勝大会へ進む。

「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」は、学生チームが特定のテーマと期間で開発したIoTデバイスやアプリなどの作品を審査して、日本一のITクリエイターを決定しようというもの。

予選大会では、出場申し込みを開始してからの1カ月間に各チームが開発した作品の発表、審査、表彰が行われる。今年の予選大会の開発テーマは「自動○○~世の中のモノ・コトを自動化してみよう~」。

福岡会場予選で最優秀賞に選ばれたのは、nullむーちょが開発した「和(なご)みなしゃれ」。同チームは参加者の投票で選ばれる「Happy Hacking賞」もダブル受賞し、満場一致での受賞となった。「和みなしゃれ」は、ギャグが滑ってしまい気まずい雰囲気になった時に、無言を検知してその場を和ませるダジャレを読み上げてくれるアプリ。プレゼンの完成度が非常に高く、独自の世界観に引き込まれた、との審査員評が得られた。

「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」は今年9月から12月まで東京、名古屋、仙台、福岡、大阪で予選を開催。すでに4カ所の予選を実施し、残すは12月の大阪のみとなった。大阪会場のエントリーは現在受付中で締切は12月5日(月)。開発期間は12月17日(土)まで、発表と審査は12月18日(日)。

関連URL

Yahoo! JAPAN Hack U 2016

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス