1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学生ITクリエイターを決める「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」予選開催

2016年11月29日

学生ITクリエイターを決める「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」予選開催

ヤフーは28日、IoTデバイスやアプリなどの開発を通じて、日本一の学生ITクリエイターを決める学生向け開発イベント「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」の福岡会場予選の結果を発表した。

main同予選は「Hack U」史上最大の18チーム85名が参加、優秀賞3チーム、最優秀賞1チームが選ばれ、来年2月に東京・秋葉原で催される決勝大会へ進む。

「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」は、学生チームが特定のテーマと期間で開発したIoTデバイスやアプリなどの作品を審査して、日本一のITクリエイターを決定しようというもの。

予選大会では、出場申し込みを開始してからの1カ月間に各チームが開発した作品の発表、審査、表彰が行われる。今年の予選大会の開発テーマは「自動○○~世の中のモノ・コトを自動化してみよう~」。

福岡会場予選で最優秀賞に選ばれたのは、nullむーちょが開発した「和(なご)みなしゃれ」。同チームは参加者の投票で選ばれる「Happy Hacking賞」もダブル受賞し、満場一致での受賞となった。「和みなしゃれ」は、ギャグが滑ってしまい気まずい雰囲気になった時に、無言を検知してその場を和ませるダジャレを読み上げてくれるアプリ。プレゼンの完成度が非常に高く、独自の世界観に引き込まれた、との審査員評が得られた。

「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」は今年9月から12月まで東京、名古屋、仙台、福岡、大阪で予選を開催。すでに4カ所の予選を実施し、残すは12月の大阪のみとなった。大阪会場のエントリーは現在受付中で締切は12月5日(月)。開発期間は12月17日(土)まで、発表と審査は12月18日(日)。

関連URL

Yahoo! JAPAN Hack U 2016

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス