1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「MaBeee」、電池で動く製品をスマホでコントロールするIoT製品

2016年8月8日

「MaBeee」、電池で動く製品をスマホでコントロールするIoT製品

ノバルスは3日、おもちゃ、自分で作った工作、電動歯ブラシなど、乾電池で動く製品をスマートフォンでコントロールできるようになる乾電池型のIoT製品「MaBeee」を、家電量販店や専門店など全国約140店舗で一斉に販売開始すると発表した。

mab
MaBeeeは、2015年11月にクラウドファンディングサイト「Makuake」で、クラウドファンディングを実施。Makuake 内のIoTベンチャーカテゴリで支援者数1位となる総勢898名の支援者に、総額640万4710円(当初目標金額に対する達成率1280%)の支援を得た。その後、改良を進め、量産・製品化までこぎつけ、一般販売開始に至ったという。希望小売価格は4980円(税別)。

mab-2電池で動く製品にMaBeeeを搭載すれば、スマートフォンを使って無線でコントロールできるようになる。スマートフォンを、振ったり、傾けたり、声の大きさに反応させたりして、おもちゃの電車を速く走らせたり、ぬいぐるみや工作ロボットを思い通りに動かしたり、タイマー機能で歯ブラシの時間を知らせたり、様々な遊び方が可能。

ただ走り続けるだけの電車のおもちゃも、MaBeeeを搭載すれば、スマートフォンを振って速く走らせたり、駅にピッタリ停車させたり、といった様々な操作ができる。

また、MaBeeeは、親子で遊ぶ初めてのIoTにピッタリだという。ITのモノ作りは、電子基板を組んだりネットワークの構築や設定したりと、専門知識がない方には難しいイメージがある。しかし、MaBeeeを使えば、乾電池で動く工作やおもちゃが、スマートフォンでコントロールできるIoT製品に変わる。MaBeeeを使うことによって、これからの子どもの教育においても注目されているIoTの世界を、誰でも簡単に体験できる。

関連URL

ノバルス MaBeee

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス