1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Schooと奄美市が連携、奄美市出身のIT人材育成を支援

2017年2月21日

Schooと奄美市が連携、奄美市出身のIT人材育成を支援

Schooは20日、鹿児島県奄美市と連携し、住民と出身者のための離島の特色を活かした地方創生の新しい取り組みとして奄美市が2015年から展開している「フリーランスが最も働きやすい島化計画」の一環として、WebエンジニアをはじめとしたIT人材に向けた人材育成支援を行うと発表した。

img_122389_1同社は奄美市にサービス提供を行い、奄美市が対象者に向けて利用促進を促す施策として「奄美だよ!全員着席!」のキャンペーンを開始する。

「奄美だよ!全員着席!」は、Schooが運営するオンライン動画学習サービス「Schoo」で、授業にログインし、チャット欄に参加していることを教師や他の受講生に表明するために「着席ボタン」をクリックすると「着席しました!」という表示がタイムラインに投稿されることに由来するという。

今回のサービスでは、奄美市が設置した専用の窓口に、申し込みのためのアンケートと本籍地または現住所が奄美市であることを証明する書類のコピーを提出。奄美市が対象者として認証した人、先着100人にIDを発行し利用権限を付与する。

窓口からIDが発行された人は、2017年2月20日~2018年2月19日の期間中、Schooの授業を無料で受講することができる。Schoo内には、専用のコミュニティスペースを設けるほか、奄美市の支援する「奄美フリーランス協会」に参画することが可能。

申し込みの受付は「しーまブログ」が代行する。「現住所および本籍地が確認できる書類の画像データ」、「氏名(Schooは実名での利用が必要)」「現在IT系企業で働いている/いない」、「将来、奄美に帰って仕事をしたい/したくない」の4つの情報を記入の上、si-ma@amamin.jpに申し込む。

問い合わせ先

市商工観光部 商水情報課 フリーランス支援窓口
TEL:0997-52-1111(内線1424)
E-mail:ict@city.amami.lg.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス