1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 約半数の青少年にSNS上だけの友人、総務省調査

2017年3月31日

約半数の青少年にSNS上だけの友人、総務省調査

総務省は、青少年のインターネット・リテラシーについて調査し、その結果を公表した。

出典:総務省「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」

出典:総務省「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」

総務省では、青少年のインターネット・リテラシーを可視化するテスト「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標(ILAS)」を開発し、2011年度から同テストを使った調査を実施してきた。

2016年度の調査では、高校89校の1年生相当、約1万4800名を対象に実施した。

その調査結果によると、青少年のスマートフォン保有率は年々増加しており、2016年度の調査では全体の94.4%に達している。またインターネット接続機器を保有する青少年のうち、89.2%が主にスマートフォンでインターネットを利用している。

1日当たりのインターネットの平均利用時間は、スマートフォンの場合、平日、休日とも2~3時間の利用が最も多いく、休日だけでなく平日の利用時間帯も増加傾向にあった。

利用時間のうちSNSが占める割合が6割程度を占めた。約半数の青少年は一度も会ったことのないSNS上だけの友人がおり、11人以上いると答えた青少年は22.0%に及ぶ。また、SNS上だけの友人の平均数は男子よりも女子の方が多い。

総務省は今回の調査結果から、フィルタリングの意義について理解している青少年や、フィルタリングを利用している青少年のリテラシーが高いため、フィルタリングの必要性、意義などを青少年自らが考える機会を設けることが重要だと分析している。

スマートフォンなどの利用に対する家庭でのルールがあり、フィルタリングを利用している青少年のリテラシーは更に高くなることから、フィルタリングに対する保護者の意識向上も重要とした。

関連URL

総務省

 

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス