1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シンガポールのインターナショナルスクールが「すらら」を導入

2017年6月23日

シンガポールのインターナショナルスクールが「すらら」を導入

すららネットは22日、シンガポールのインターナショナルスクール「GEMS World Academy(Singapore)」が、クラウド型学習システム「すらら」を8月から導入すると発表した。

「GEMS World Academy(Singapore)」が「すらら」を導入するのは、学年や日本語のレベルも異なる日本人生徒に、最適な学習を提供し、母国語である日本語の維持・向上を図るためだという。

「GEMS World Academy(Singapore)」は母国語の教育を大切にしており、現在、昼休憩や放課後時間を活用して、日本の小学1年生~中学3年生に相当する Grade1(6 歳)~Grade10(15 歳)の日本人生徒約50人に、日本語の教育を行う「Mother Tongue Programme」を実施している。

「Mother Tongue Programme」は日本人教諭 1人が行っており、漢字検定やデジタル教科書を使用した読解を指導していたが、教員1人では幅広い学年の生徒に適切な教材を用意し指導するのは困難。また、塾に通っている生徒もいるため、同じ学年であっても学力に幅があるという問題を抱えていた。

そこで、「すらら」を活用することで、教員の負荷を増やすことなく、生徒個々の学力に合わせたアダプティブな学習を提供。「すらら」はキャラクターによる対話型で根本理解を促すスモールステップのレクチャーになっているため、教員が 1 人でも子どもたちは各自で学習を進めることができるという。

「GEMS World Academy(Singapore)」は、世界13カ国250校以上の学校を運営するGEMS Educationを母体とするインターナショナルスクールで、国際バカロレアを基調とする教育カリキュラムを提供。PreK(3 歳)~Grade12(18 歳)まで、全校生徒約700人を擁し、そのうち日本人は60人程度。

関連URL

すららネット

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス