1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタルアーツ、Webフィルタリング「MultiAgent for iOS」の機能強化

2017年11月21日

デジタルアーツ、Webフィルタリング「MultiAgent for iOS」の機能強化

デジタルアーツは20日、業務効率化と同時にさまざまな脅威から端末を守る、企業・教育機関・官公庁向けエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター)ブラウザー&クラウド」のマルチアプリケーション対応型Webフィルタリング「MultiAgent for iOS」の仕様を刷新し、30日から提供開始すると発表した。

デジタルアーツでは当初、今年2月に「MultiAgent」のiOS版を提供予定だったが、機能改善のために提供を延期。最新のOS対応と機能を強化した製品として今回提供する。

00「MultiAgent for iOS」は、iOS上で動作する全てのアプリケーションでHTTP、HTTPS通信にフィルタリングを行うことができるため、iOSの標準ブラウザーであるSafariにもフィルタリングが設定できる。

さらに、業務アプリや学習支援アプリ内に搭載されたWebブラウジング機能もフィルタリング対象になる。また、教育現場で要望が高かったインターネットタイマーや警告画面の表示機能に加え、企業からの要望が高いインシデントレスポンスの対応を支援する詳細なログ出力も提供できるようになる。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、マルチアプリケーション対応型Webフィルタリング「MultiAgent」と、端末内のデータ保存を制御できる専用ブラウザー型「SecureBrowser」の2種類のラインナップでマルチOS、マルチデバイスに対応。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」としてライセンスを提供しているので、導入端末の変更にも柔軟に対応でき、必要なセキュリティ対策に応じてラインナップを自由に組み合わせできる製品で、クラウドの管理画面で端末の一括管理と設定が可能。

なお、今回のリニューアル提供開始に合わせて、「MultiAgent for iOS」のキャンペーンを順次実施。キャンペーン第1弾は、2018年3月末までの期間に「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を購入した学校関係者を対象に、希望に応じて専任の講師を派遣してタブレット導入の効果やインターネット利用時の不安を解消する講演を無償で行う。

関連URL

i-FILTER ブラウザー&クラウド

学校向け期間限定キャンペーン 無償講師派遣申込

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス