1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通、準天頂衛星を活用した「Time&Position」ソリューション提供開始

2018年1月31日

富士通、準天頂衛星を活用した「Time&Position」ソリューション提供開始

富士通ネットワークソリューションズは30日、「みちびき4号機」(準天頂衛星)の打ち上げにより取得可能になる高精度な位置情報と時刻を活用した「Time&Position(タイム アンド ポジション)」ソリューションを提供開始すると発表した。

ネットワーク上を流れる個々のデータに高精度な位置情報と正確な時刻を紐づける「Time&Position」ソリューションを活用することで、対象物を単体で位置測位するだけでなく、関連し合う対象物の空間的、時間的位置を俯瞰して把握することが可能になる。

同社は、「Time&Position」ソリューションの第1弾として、エッジコンピューティングを実現するCPU/ストレージを搭載したRelay2 Inc.(Relay2)製のWi-Fiアクセスポイント「RA200」シリーズを販売する。

また、本ソリューションの活用事例の一つとして、空港向け通信事業者であるアビコム・ジャパンと空港内データ通信ネットワークと車両位置情報を収集、管理するアプリケーションを活用した実証実験を2018年2月から実施する。

将来的には取得した位置情報を活用した自動運転の実現を目指す。今後、「Time&Position」ソリューションを本格的に展開するため、GNSS(*1)受信機、電子基準点、補正信号配信サービス、各種アプリケーションを順次提供する。

2017年10月に準天頂衛星「みちびき4号機」が打ち上げられ、2018年度から4機体制で既存のGPS衛星を補完することで、従来、数メートルから数十メートルの誤差のあった測位精度が飛躍的に向上し、センチメートル級の測位が実現する。こういった正確な位置情報と時刻を活用した地上システムにおける市場(宇宙情報産業)は、急速に成長していくと見込まれている。

*1:GNSSとは、Global Navigation Satellite Systemの略で、全球測位衛星システムを示す。GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星等の衛星測位システムの総称。

関連URL

「Time&Position」ソリューション

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録