1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディープラーニングワークステーション「DeepLearning BOX Ⅱ」販売開始

2018年8月22日

ディープラーニングワークステーション「DeepLearning BOX Ⅱ」販売開始

GDEPアドバンスは21日、ディープラーニングのワークステーション「DeepLearning BOX」の後継機として「DeepLearning BOX Ⅱ」を販売開始した。

00最新のX299チップセットマザーを採用した同モデルは、最大クロック4.2GHzで動作する18コア36スレッドのインテルCore i9-7980XEを筆頭に、「ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0」や「インテル64アーキテクチャー」に対応したSky LakeシリーズのCPUを搭載可能な最新モデル。

コアパーツであるGPUは最大4枚フル帯域で搭載が可能で、さらに電源ユニットには4GPU搭載構成時において変換効率90%以上となる高効率1600W TITANIUM規格PSUを採用している。日本製の105℃電解コンデンサのみを搭載した同PSUは、日本国内の100V-15A (1500W動作) 環境下でも、すべてのGPUへ余裕のある電源供給を実現する。

また、ディープラーニング開発環境もさらにバージョンアップして、ベースの開発環境としてUbuntu-16.04.4LTSにCUDA9やPython Base:python-2.7.12をインストールし、その上に各種フレームワークの主要コンポーネントが完全な整合性と動作確認がとれた状態で含まれている。また、Windows版に加えてCentOSにも対応し、さまざまなディストリビューション上での研究開発が可能となった。

さらに、定期的にアップデートされた開発環境をGDEPのリポジトリサイトから入手し、ユーザー自身で容易にアップデートすることが可能となった。日々アップデートされるフレームワークや関連ライブラリなどのバージョンの整合性をとり、ジェネレーションごとにモジュール化された形で提供される。

関連URL

DeepLearning BOX Ⅱ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス