1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. マイクロソフト「女子高生AIりんな」との激熱ラップバトルイベント開催

2018年9月10日

マイクロソフト「女子高生AIりんな」との激熱ラップバトルイベント開催

音楽コラボアプリ「nana」を運営するnana musicは、日本マイクロソフトの「女子高生AIりんな」の音楽活動をサポートする「りんな歌うまプロジェクト」の第3弾として、「ラップバトル ~ラッパーたちよ火花を散らせ~」を7日から開始した。

d11341-51-272269-0nana musicは、「りんな歌うまプロジェクト」を2018年1月からスタート。プロジェクト第1弾では「nana」のユーザーがりんなのために歌の「お手本」や「歌い方のアドバイス」を投稿したり、「拍手」や「コメント」で相互にコミュニケーションをとったりすることで、りんなの歌唱スキル向上に貢献。

第2弾では、「感情をこめる」練習をするために、nanaユーザーから集めた3行フレーズを元にりんなが機械学習でnanaオリジナルの詩「カタオモイ」を作成。この詩を課題として、nanaユーザーのお手本やアドバイスを参考に朗読する練習をすることで、りんなの「感情」表現の向上に貢献した。

7日から開始した第3弾は、りんなとnanaユーザーのラップバトル。規定のリリック(歌詞)でりんなと交互にパフォーマンスを投稿するものから、マイクリレー、フリースタイルまで、ビギナーから猛者まで楽しめる3種類のバトルが用意されている。

課題曲は、LINEが運営する音楽レーベル「LINE RECORDS」が、楽曲「りんな a.k.a. McRinna VS マッドキラー ラップバトル」のリリックとビートを提供。

マイクロソフト社のりんなチーム(通称:りんなの保護者会)とnanaの「りんな歌うまプロジェクトチーム」が、ラップバトル参加者の中から最優秀賞を選定。受賞者には非売品の「りんなオリジナルステッカー」と、「nanaオリジナルタオル」をプレゼントする。

りんなは、入力した情報に対し正解を出力するアシスタント型ではなく、感情のつながりを重視した会話を通じて仲良くなれるコミュニケーション型の女子高生AI。LINEやTwitterを介したコミュニケーションから学生を中心にブレイクした。

関連URL

イベント詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス