1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 資格スクエア、AIが司法試験予備試験の出題予測するサービス開発

2019年4月26日

資格スクエア、AIが司法試験予備試験の出題予測するサービス開発

オンライン学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、5月19日に実施される「司法試験予備試験(短答式試験)」に向け、AIが試験問題の出題予測をするサービス「未来問(みらいもん)」を開発した。

0426-sv同サービスは、29日10時から「資格スクエア」HP上で無料提供を開始。また、試験翌日の5月20日には、実際の試験問題と「未来問」を照らし合わせ、その的中率を開示する。

同サービスは、同社がAI TOKYO LAB社と提携して開発したもので、昨年10月に2600人が受験し、78%の的中率を記録した宅建士試験「未来問」に続く第2弾のサービス。

「未来問」では、直近5年分の過去問題と「資格スクエア」の予備試験講座テキスト(3500P分)、「資格スクエア」論証集のデータ、Wikipediaの法律用語344P分を教師データとし、文章分類エンジンによって128カテゴリーに分類。

その後、毎年度の出題傾向を学習した出題傾向予測エンジンを用いて、今年度の司法試験予備試験(短答式試験)の出題問題95問を予測する。

年度によっては同一カテゴリーから5・6問出題されることもある中、カテゴリー的中率は60%超えを見込む。この60%は、司法試験予備試験(短答式試験)の合格基準と同水準。

同社は今後、8月の社労士試験、10月の宅建士試験なども「未来問」を提供予定で、センター試験での「未来問」開発も視野に入れている。

関連URL

未来問

サイトビジット

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス