1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 資格スクエア、AIが司法試験予備試験の出題予測するサービス開発

2019年4月26日

資格スクエア、AIが司法試験予備試験の出題予測するサービス開発

オンライン学習サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、5月19日に実施される「司法試験予備試験(短答式試験)」に向け、AIが試験問題の出題予測をするサービス「未来問(みらいもん)」を開発した。

0426-sv同サービスは、29日10時から「資格スクエア」HP上で無料提供を開始。また、試験翌日の5月20日には、実際の試験問題と「未来問」を照らし合わせ、その的中率を開示する。

同サービスは、同社がAI TOKYO LAB社と提携して開発したもので、昨年10月に2600人が受験し、78%の的中率を記録した宅建士試験「未来問」に続く第2弾のサービス。

「未来問」では、直近5年分の過去問題と「資格スクエア」の予備試験講座テキスト(3500P分)、「資格スクエア」論証集のデータ、Wikipediaの法律用語344P分を教師データとし、文章分類エンジンによって128カテゴリーに分類。

その後、毎年度の出題傾向を学習した出題傾向予測エンジンを用いて、今年度の司法試験予備試験(短答式試験)の出題問題95問を予測する。

年度によっては同一カテゴリーから5・6問出題されることもある中、カテゴリー的中率は60%超えを見込む。この60%は、司法試験予備試験(短答式試験)の合格基準と同水準。

同社は今後、8月の社労士試験、10月の宅建士試験なども「未来問」を提供予定で、センター試験での「未来問」開発も視野に入れている。

関連URL

未来問

サイトビジット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス